ショッピングとキャッシング

全てのクレジットカードが対応しているというわけではありませんが比較的多くのクレジットカードが標準装備としている機能に「ショッピング」とそしてもう一つ「キャッシング」があります。しかしキャッシングは機能としてついてはいるけど使った事ない、ショッピングとキャッシングってどう違うの?というようにせっかくついているキャッシング機能が全く生かされていないという話がよく聞かれます。そこでここでは簡単に「ショッピング」「キャッシング」の両機能について説明しようと思います。


ショッピング機能とキャッシング機能

まずショッピング機能とは主に「利用する時点で利用目的が確定している支払い」の事を指します。例えばレストランで食事をしてそのお会計に、ネット通販で商品を購入する時に、といったシチュエーションで使われるのがショッピングになります。基本的には店頭にあるカードリーダーにクレジットカードを通し暗証番号を入力する、あるいはサインを書く事でその場の支払いを信販会社に立て替えてもらう事が可能です。手元に現金がなくても使える手軽さが魅力的ですが、強いて難点をあげるとすればクレジットカードの使えないお店では利用する事ができません。 レストランの会計に

一方キャッシング機能とは主に「提携ATMから現金を借りる」事を指します。ショッピングと違い「現金」を借りる為利用した時点では利用目的が確定していない為ショッピングに比べて少し利用条件が厳しくなっています。またショッピングに比べキャッシングは全体的に金利が高い傾向にあります。ただ現金を直接引き出す為「もしかしたら持ち合わせが足りないかもしれない」という時の転ばぬ先の杖として活躍する他、現金なのでショッピングと違い基本的にあらゆるお店で「お店の会計使えない」といった心配がありません。ただあたり前の事ではありますがキャッシングは予めお金をATMなどで借りておく必要があります。ただしキャッシングはショッピングと違い利用目的自由な融資に分類される為「総量規制法」の対象となり、しばしば利用可能な金額が法によって制限されます。

キャッシングとショッピングにはそれぞれ長所と短所があるのでそれを踏まえ両方を上手に使えると良いですね。


クレジットカードと限度額

なおショッピングとキャッシングどちらにもクレジットカードには限度額が設けられています。限度額は「そのカードがいくらまで使えるか」を表す数字であり商品や会社によって大きく異なります。また限度額にしても例えば300万という1つの枠があり、ショッピングとキャッシングどちらを使ってもその300万の枠から引かれるものもあれば、ショッピングに100万キャッシングに100万と完全に枠自体が分離しているタイプ、300万円の枠がありそのうち100万はショッピング限定枠で残りの200万円はどちらを利用してもいいといったハイブリッドタイプなど様々なタイプが存在します。 限度額のご案内

またクレジットカード各社が開示している限度額いっぱいまで最初から一般ユーザーが使えるというわけではありません。利用実績を重ねる事で少しずつ限度額は増えていくようになっていきますが、申し込み後すぐの限度額というのはいずれもそれほど高くは設定されていません。(>>クレジットカードを即日発行)特に即日発行サービスを利用して発行したクレジットカードや、本カード発行前の「仮カード」の限度額というのは十分な審査をまだ行っていない段階なので限度額が低めに設定されがちです。即日発行を行う場合ある程度限度額が低めである事を想定しておきましょう。