クレジットカードの選び方

世の中に出回っているクレジットカードの数は多くデザイン違いやコラボデザインなども合わせるとそれこそ本当に星の数程あるのではないかとすら思えてくるクレジットカード、一体どれを選べば自分にとって良いカードなのかわかならいという方の声も多く聞かれます。そこでここではクレジットカードを比較する時にどういった点に注目していけばいいのかを簡単にまとめてみました。


クレジットカードの比較

・発行スピード

まずこのサイトは基本的に「即日発行」可能なクレジットカードを紹介するサイトである為発行スピードというのはそれなりに大事だと心得ています。特に急ぎでクレジットが必要という方には重要な項目で早い所だと最短即日発行、次いでスピード発行(最短3営業日)というサービスが存在します。なお普通のクレジットカードは申し込みから2週間ほど発行にかかるといったケースも珍しい事ではありません、クレジットを申し込む際に発行スピードには注意しておくと良いでしょう。(>>クレジットカードを即日発行)また即日発行はその殆どが「郵送」ではなく直接実店舗に受け取りに行く形式をとっている事が殆どです。その為受け取りカウンターが自分の受け取りに行きやすい場所のクレジットカードを選ぶというのもひとつの手です。 ネットで申し込み

・年会費
クレジットカードには年会費永久無料のカードから初年度だけ無料のカード、初年度から会費の発生するカード等様々な形式が存在します。基本的に会費の高いカード程ポイント還元率が高い、限度額が高い、付随保険が充実、ステータスが高いといった傾向があるものの普段使いする分には会費無料のカードでも十分と言えます。特にクレジットを2枚も3枚も持つような方は会費無料のカードから選ばないと年会費だけでそれなりの額になってしまいます。

・ポイント還元率

ポイント還元率とは即ち「いくらの支払いに対し何ポイントが付与されるか」×「1ポイントにつき何円相当の価値があるか」から導き出す事が出来るポイント効率の事です。例えば1000円で2ポイント貯まり1ポイント=5円相当の景品と交換出来るクレジットカードの場合、ポイント還元率は0.2×5で1%となります。当然ポイント還元率が高いカード程お得である為、還元率の高いカードというのは普段使いや固定費の支払い用のカードとして重宝されます。 ポイントすくすく

・旅行保険
時々テレビ等で耳にする話ではありますが特に海外で何かあった時の医療費というのは保険大国日本と比べてそれは比較にならない程恐ろしい金額になると言います。海外で怪我をしたものの海外旅行保険に入っていなかったが為に帰国後家を売ったなんて話は割と実際に起こり得る事だと言います。そうならない為にも旅行者は海外旅行保険への加入が強く推薦されますが、その代わりになるのがクレジットカードに付随する旅行保険です。旅行保険付きクレジットを持っていた為助かったという人も決して少なくはありません。これから海外旅行に行くけど海外旅行保険にはいっていないという方には何でもいいので保険の付随したカードを一枚作っておく事をおすすめします。

・限度額

クレジットカードには限度額と呼ばれる「最高でいくらまで使えるか」といった利用の上限が設けられています。ブランド品の購入や車等大きな買い物をクレジットで日常的に行うような人にはそれなりに高い限度額を持つクレジットが求められます。最近だと家賃や税金などもクレジット引き落としで払える事が多くなってきているので「いざという時使えない」を避ける為、多少限度額は余裕のあるカードのほうが安心というものです。 いちばんたかく

・ステータス
厄介なのがこの「ステータス」と呼ばれる項目でこれは言ってしまえばこれはクレジットの持つブランド力のようなものです。クレジットカードの中にはデートの時や取引先との食事で支払いに利用して「良いカードを持っているね」と言われる高いステータスを持つカードと「いい年にもなってそんなカードを使って…」と言われてしまうようなカードが存在するという事です。このステータスは特別数値化されているわけではない為どのカードが優れているかというのは一見判断がつき辛くなっています、ただ基本的にカードが持つステータスというのはほぼそのカードの取得し辛さとイコールだと考えてよいでしょう。審査に「良い利用実績が必要」「高い年収が必要」といったカードはステータスが特に高く、ゴールドカードやブラックカードと言われるクレジットはその最たる例になります。

これらをふまえ今自分はどういうカードが欲しいのか的を絞ってからカードを探してみると良いでしょう。

>>クレジットカードの審査