クレジットカードの審査

クレジットカードはカードを利用する事で一度信販会社がその支払いを建て替え後でまとめて請求するシステムをとっています。しかしもし良くない人が使いたいだけクレジットを使いその後お金を払わなかったらどうなるでしょうか?これでは信販会社も商売になりませんしそもそもクレジットの仕組み自体が問題視される事になります。クレジットの元々の意味は「信用」つまりクレジットカードはちゃんと使った分後でこの人はお金を支払ってくれるという信用で成り立っています。そして信販会社はこの「相手が信用できる人間かどうかを見極める為」クレジットカードの利用に審査を設けています。(>>クレジットカードを即日発行)各社が行っているこの審査にまず受からなくてはクレジットカードを利用する事ができません。


クレジットカードの審査基準

なお信販会社が設けているクレジット利用の為の審査は基本的に3つの項目、つまり「返済能力(Capacity)」「人徳(Character)」「資産(Capital)」の3Cによって判断されていると言われています。まず返済能力は「年収」「勤続年数」「現在の借入総額(ローンやキャッシングの利用など)」といった要素によって判断されています。当然年収は多いほうがクレジットの審査には通りやすく、また同じ場所に長い事勤めているほうが有利になってきます。 ふむふむ

次に人徳ですがこれは主に「信用機関情報」によって判断されます。信用機関には過去に人が支払いの延滞や不払い、破産や債務整理をした記録が残っています。過去に金銭関係で何か問題を起こしたことある人はクレジットカードの審査に比較的通り辛いと言ってよいでしょう。逆にクレジットヒストリーと呼ばれる「ちゃんと利用しちゃんと返済した利用実績」のある方はちゃんと立て替えても返してくれる人だという事で高い信用を得る事ができます。また人徳にはあなたの職業(医者や公務員など社会的に信頼の高い職業だと◎)や申し込みフォームに嘘がないかといった内容からも判断されます。

最後の資産ですがこれは簡単に言ってしまえば物的あるいは人的担保があるかどうか、現金以外に資産価値のあるものをどのくらい保有しているかという項目です。例えば持家であったり車を持っていたりするとクレジットカードの審査では有利になりますし、未婚よりは既婚、そして両親が健在のほうが審査には受かりやすいと言われています。仮に支払いを滞納したとしても基本的に家族や身内に請求が行く事はありませんが、それでもやはり全く利用希望者の方に頼れる人がいないというのは信販会社も心配という事です。 私の住まい

現在クレジットカードの審査ではこういった審査基準の元あなたが信用に足る人物かどうかが判断されています。また最近ではこういった審査項目を全て数値化し、その合計点によってコンピューターが合否を判断するスコアリングという仕組みが主流になりつつあります。このスコアリングの普及によって審査にかかる時間が短縮され即日発行の可能なクレジットが増えてきていると言います。またスコアリングはコンピューターによる作業の為最初からデータの状態で届くインターネット申し込みと相性が良く、発行対応のカードは殆どがインターネットによる申し込みを前提としたものになっています。

>>ショッピングとキャッシング