クレジットカードの仕組み

クレジットカードはとても便利ですが、どういった仕組みで成り立っているのでしょうか。
なぜお金を実際に払うことなく商品が手元にきたり、キャッシングが利用できるのでしょうか。
仕組みを理解することも、賢く利用することの第一歩になるでしょう。


信用で成り立っている

クレジットカード所有者が商品をクレジットカードで購入すると、代金引き落とし前に、カード会社がショップに代金を立て替えて支払います。そしてカード会社がショップに手数料分差し引いた額を支払います。(>>クレジットカードの審査
そしてショップが購入者にサービスを提供します。ここまでの流れで必要になってくるのは信用です。カード会社は購入者を信用して立て替えた金額をショップに支払います。
なので信用に反して支払いの延滞などが発生すると、カード会社の会員に対する信用が落ち、強制解約や利用制限されてしまうことがあります。
延滞などはしないようにしましょう。即日発行してくれるクレジットカード会社も増えていますが、スピード発行に必要になってくるのも信用なのは言うまでもありません。
クレジットカードとは、信用で成り立っている事業なのです。


手数料で成り立っている

クレジットカードの収益はカードの加盟店の手数料収益が大きいといえます。なので加盟店の信用が大きくなればなるほどカード会社の儲けは大きくなるといえます。
他にもリボやキャッシング、分割支払いの手数料の収益もあります。